莉嘉Pのポケモン戦記

既存の構築にワンアイディアを吹き込みたい

200禁止杯使用構築「霰誘導受けサイクル」「手動雨猫の手」

f:id:shuk_poke:20181008143057p:plain

 *サブロムの構築画像はバグって5体しか出てこないので後日

戦績 霰パ 9-6 最終1549(53位) 猫の手パ 1557 6-2 (48位)

 

こちらの大会の記事になります。

【仲間大会】Violation 200 Cup ~TOP200禁止杯~【参加者募集要項】: 好きなポケモンでレート2000目指す人のブログ

 

最近レートでなかなか結果が残せない昇華(TN:JogasakiRika)と申します。

思考を整理したり新しい発想をするために、twitterにこの大会の事が流れてきた時点で大会参加を決めました。

発表から大会まで時間があったので、試運転や考察を十分にして大会に臨むことを目指しました。

結果は…上記の通り。考察って難しいですね!

試運転回数では参加者の中では多い方だと思うので、読みにくくはなると思いますが、乗せられるだけのものは追記しながら乗せていこうと思います。

次回はトップ10目指したい…。

 

【構築経緯】

 

KP200以下図鑑S10ver - Google スプレッドシート

【USMシングル】200禁止杯のタイプ別まとめ+気になるポケモンと並び : ターコイズのリング

 

以上のものを参考にメタ対象を選定。

・むらっけオクタン

・天候

・アブソル

・腹太鼓マッスグマ

ランドロス

・催眠

・どくびし

・分身バトン

 

そして、試運転のために作った構築が以下になる。

アギルダー@襷 HS まきびし/どくびし/あくび/いのちがけ 

ミルタンク@防塵ゴーグル HD おんがえし/どくどく/いやしのすず/ミルクのみ  

タブンネ@石 HB こごえるかぜ/でんじは/ねがいごと/まもる

オクタン@たべのこし HbcdS ねっとう/アシッドボム/みがわり/まもる

マルノーム@くろいヘドロ HD まとわりつく/あくび/アンコール/まもる

ブルンゲル@オボンのみ HB  ねっとう/おにび/ちょうはつ/じこさいせい   

オクタンを絡めたサイクルという感じの構築である。

相手がどんな戦法をとって来ようともオクタンで最後はムラムラして勝つことを意識した。

しかし、オクタン選出時に0-3と散々な結果であった。

1回も適切な能力上昇をしてもらえず、高い勝率を維持するのは困難だと判断し、構築の解散を決意。

解散をしたからと言って経験と育成を無駄にするのももったいなく、受けベースというのを変えずに強い勝ち筋を含んだ構築を考えた時に天候を含めることを思いついた。

天候+受け回しはレートでも結果を残した構築として存在するし、何よりも自分が使いやすいというのが重要なので、これに決定した。

しかし、天候はメタられること必須。意識として天候で誘導されたポケモンを裏で潰す選出をするということを構築と選出で意識した。出来たのが上の様な構築である。

 

もう1つ、前日夜になって猫の手が使いたくなったので急いで育成し、裏は試運転段階で強かったいたずらごころ始動雨に直感で決定した。

 

試運転段階で強いと感じたポケモンは以下の通り

シビルドン 耐久に振れば弱点がないので仕事がしやすい

きせきヤルキモノ ステロあくびループをすることで裏のエースの一貫を作る。

水Zサクラビス バトン要員でありながら本人が殴ってくる。

 

対策し切れてないものはたくさんあったが、以上が大会前の考察である。

 

【個別解説と使用感】

・霰

アマルルガ@つめたいいわ ふぶき/ほえる/アンコール/ステルスロック HBベース

予想外に強かったポケモン。吹雪連打で試合を決めに行くことも多かった。

ステロ吠えるによって害悪系統の対策を任せており、実際に役立った。

アンコールは使うタイミングが無かったので壁やサブウエポン、電磁波などに変えた方がよい。

単体選出の機会が多かった。

サンドパン@悪Z アイアンヘッド/つららばり/じごくづき/つるぎのまい AS

試運転段階でも火力の無さで負けることが多かった。運勝ちは1度もない。

悪Zは受けに来る水タイプに半減にされないため。主にブルンゲルやスターミ―などを見ている。地震がないことで炎タイプがいると出せない。が、どのみち火力がないので地震であっても選出は躊躇していたと思われる。

f:id:shuk_poke:20181008161734p:plain

ミルタンク@たべのこし おんがえし/どくどく/いやしのすず/ミルクのみ HD

特殊受け。採用理由は受け展開ミラーのためのいやしのすずと特性厚い脂肪。

ヤルキモノと最後まで迷ったがこちらを採用した。

ラッキーに比べると数値が足りない。

役割破壊されることが非常に多かったが、いやしのすずは非常に刺さった。

ブリガロン@ゴツメ ドレインパンチ/やどりぎのタネ/ニードルガード/光合成 HB 

物理ランドロス、アブソル、ズルズキンなどを意識して採用。

特性でウツボットのウエポン無効にしまくりと思っていたが、1回も当たらなかった。

無難に強い。

ランドロス@スカーフ じしん/いわなだれ/ばかぢから/とんぼがえり AS

エース枠。基本的に先発。そして、終盤の詰め。

アブソル奇襲のためのスカーフだったが、スカーフであるメリットが少なかった。

積みエース的に運用するほうがよかったと感じている。

f:id:shuk_poke:20181008161425p:plain

ブルンゲル@オボンのみ ねっとう/挑発/おにび/自己再生 HB

試運転で、のろわれボディよりも雨サクラビスを完封できるメリットのある貯水の方がよいと感じたので貯水で採用。特性採用は正解。技構成については諸説。

自己暗示、シャドボ、どくどくなど欲しい技はたくさんあった。

 

使いやすい構築にはなったが、受けるには数値が足りず、霰が強い勝ち筋にならずに結果が残せなかった。特に格闘が重く、はたきの採用率が高いために崩されやすい。

相手のバトン展開にも吠えるや挑発では不十分。

 

・猫の手

 

ペルシアン@たべのこし あくのはどう/ねこのて/みがわり/わるだくみ/ CSベース

刺さりすぎだった。

どくびしで対策してきそうなら先発で出せば勝てるという事を大会中に知った。

悪巧みによる遂行が早く、固いのでかなり安心感がある。

 

パラセクト@襷 キノコの胞子/カウンター/しぜんのちから/ねごと HD

胞子要員はカウンターを覚えるパラセクトを採用。

B0個体。特に活躍はしない。

ユキメノコ@スカーフ みちづれ/トリック HS

厄介なポケモンを対策出来るスカーフトリックと道連れを覚え、素早さも早いという事でユキメノコを採用。 読まれなければ強い

バルビート@しめったいわ あまごい/電磁波/とんぼがえり/ひかりのかべ HB

雨始動要員1.電磁波の枠はアンコールが良いのだが、育てなおす時間がなかった。

Sはのんきで下降補正をかけており、後攻蜻蛉ができるようにしている

(だからこそ電磁波がアンチシナジー

トルネロス@脱出ボタン あまごい/ぼうふう/ちょうはつ/どくどく CS

雨始動要員2。考察が行き届いていない象徴。

霊獣でセルフ雨アタッカーにした方がよい。 

サクラビス@水Z ハイドロポンプ/なみのり/れいとうビーム/からをやぶる hCS

テンプレ。活躍できなかったので感触がわからない。

 

1戦目で雨が弱すぎるとわかったので、以降は猫の手しか使わなかった。

適切な立ち回りが出来れば猫の手の方は1回も負けなかったかもしれない。

しかし、メインロムで受けルミラーで時間を使いすぎてしまったことも有り、構築の強さがしっかりとわからなかった。

猫の手自体は刺さっていた。しかし、当日の20:30に完成したことも有り、しっかりと使いこなせなかったことは残念である。

 

【まとめ】

以上になります。

使いやすい戦術でなおかつ、環境に刺さるものを作るのは非常に難しいですね。

運営さん・対戦してくれた方ありがとうございました。

次回はリベンジしたいと思います。

 

【印象に残ったポケモン

・輝石ドテッコツ

・みらいよちふきとばしブーピッグ

・コスモパワーバトンルナトーン

・どくまもコバルオン